English

ホーム > お客様へのお知らせ > トリプル受賞!

お客様へのお知らせ

トリプル受賞!

<平成26年度(第63回)名古屋国税局酒類鑑評会 優等賞受賞>

平成26年10月、名古屋国税局において、名古屋国税局酒類鑑評会が実施されました。

花の舞酒造株式会社 製造部 青木副杜氏より
今年、吟醸酒の部門で2種類の大吟醸を出品しました。
1つは静岡酵母HD-1を使用したもので後味のきれいな柔らかなお酒です、口に含んだときほのかにバナナのようなやさしい香りがあるのが特徴です。
静岡県酵母の特徴を出すには静岡流の仕込み方があり、米をなるべく溶かさず低温発酵させ酵母を極限状態にする必要があります。今年の仕込みでは基本である麹造りをしっかりと行なうことにより静岡酵母の特性を引き出すことができました。
 もう1つは全国新酒鑑評会にも出品した香りが高い吟醸酒でどちらかと言うと食前酒や食後のデザ?ト感覚のお酒です。
 非常にデリケートな酵母を使うため、仕込みは慎重を要しました。温度に敏感なこの酵母は少しでも
ストレスがかかると発酵が止まってしまう恐れがあります。毎日の管理を徹底することで香りとうまみのある酒となります。
 2種類の大吟醸は共に金賞をいただくことができました。
大吟醸造りは普段の仕込みに活かすことのできる、様々なヒントが隠されています。
品質向上を目指しこれからも頑張ります。

国税局ホームページより
平成26年度名古屋国税局酒類鑑評会においては、吟醸酒102点(61製造場)、純米酒63点(63製造場)、本醸造酒53点(53製造場)の合計218点の出品がありました。
 吟醸酒については、近年使用する酵母が多様化していることを踏まえ、伝統型酵母(注)を使用した吟醸酒の区分を設け、更にアルコール添加の有無により区分して品質評価を行いました。
 純米酒・本醸造酒については、日本酒独特の飲用形態であるお燗酒で品質評価を行いました。
 慎重かつ厳正な品質評価の結果、特に成績の良かった吟醸酒38点(25製造場)、純米酒26点(26製造場)、本醸造酒20点(20製造場)を優等賞に選出しました。
 平成25酒造年度(平成25年7月1日から平成26年6月30日まで)は原料米の確保に苦労したところもありましたが、品質の良い米を使用したこと、概ね寒冷な気候に恵まれたこと、更に製造者が優れた技術を遺憾なく発揮したことで良質な清酒が醸造されたと聞いております。
 さらに、貯蔵管理にも注意を払ったことで、出品酒は粒ぞろいですばらしい品質の清酒に仕上がっていました。
 吟醸酒は、香りが華やかなものからまろやかな味わいのものまでそれぞれの特徴がよく出ていました。純米酒は、味の切れが良いものからふくよかな旨味のあるものに至るまで多様な味わい、本醸造酒は淡麗な味わいの中にも豊かな個性があり、製造者の技術レベルの高さを確認いたしました。

H.26_nagoya.jpg


<平成25酒造年度全国新酒鑑評会 金賞受賞>

全国新酒鑑評会とは独立行政法人酒類総合研究所が、毎年全国の日本酒を対象に行われる新酒鑑評会の事です。今年は全国845場845点が出品され、平成26年4月22日(火)から平成26年5月9日(金)にかけて新酒鑑評会が行われました。

審査員には研究役員及び職員、国税庁鑑定企画官職員又は国税局鑑定官室職員、醸造に関する学歴経験のある者、清酒の製造業、販売業又は酒造技術指導に従事している皆さんが選ばれ、審査基準は香味の調和や特徴が吟醸酒の品格及び飲用特性から特に良好であるものが金賞酒として選ばれます。

本年度、花の舞酒造株式会社は金賞に選ばれました。

原料米、酵母の特性を活かし華やかでふくらみのある酒に仕上げたことが審査員の評価に繋がったと思います。

平成26年3月に行われた静岡県清酒鑑評会県知事賞受賞に続き、今年2回目の受賞なりましたが、これも最高品質の原料米山田錦を栽培していただいた地元静岡の米生産者のおかげだと思います。

これからも花の舞酒造株式会社は静岡県産米100%にこだわり、高品質で安全な酒を醸していきます。

zenkoku_kinsho.jpg


<平成26年静岡県清酒鑑評会 県知事賞受賞>

平成26年3月13日(木)に沼津市大岡の県沼津工業技術支援センターにおいて平成26年静岡県清酒鑑評会が行われました。

鑑評会には吟醸酒部門、純米吟醸酒部門合わせて24場86点が出品されました。
審査員には名古屋国税局鑑定官室鑑定官、沼津工業技術センター職員を委嘱し、静岡県酒造組合が委嘱した委員とともに11名で審査にあたりました。
審査方針は調和のとれた香りで味はきれいで丸い酒であることです。
室温20度の部屋で15度に保った酒で審査します。

審査の結果、花の舞酒造 株式会社は吟醸酒の部門で1位の県知事賞を受賞することができました。
香気成分のバランスが良く味わいがあり後味がサッときれいに切れたことが評価されました。

平成26年3月25日(火)には一般公開に合わせて表彰式が静岡市葵区紺屋町のアオイタワー内のGRANDAIRブケ・トウカイで行われました。

日々の努力が認められた最高の1日でした。

花の舞酒造はこれからも安心できる静岡県産100%の原料を使い、2杯、3杯と呑みたくなる酒造りに全力を尽くしていきます。

kanchijisho-jusho.jpg

一覧を見る