English

ホーム > 山田錦研究会 > 今年1回目の圃場巡回を実施。

活動レポート

静岡山田錦研究会レポート

今年1回目の圃場巡回を実施。

本隊到着を待つ会員

生育状態を見る会員

苗の分けつを数える

CM値を計る

記録したデータをチェックする役員

生育状況を話し合う会員

苗の分けつは順調。今後は水管理が重要。

静岡山田錦研究会の定例活動である今年1回目の圃場巡回が7月1日に行われました。この圃場巡回は会員の圃場(田んぼ)を回り、稲の生育状態を視察するもので、広いエリアにまたがる会員全員の圃場は1日では回りきれないため、各地区の代表圃場を巡回します。さて、今年の稲の発育はどうなのか、レポートします。

本隊を待ち受け地区ごとに合流

6月下旬から猛暑が続いていましたが、この日もうす曇りながら朝から蒸し暑い日となりました。 研究会の鈴木良紀会長をはじめ、花の舞酒造から事務局の斎藤副杜氏、青木製造部長補佐、蔵人鈴木さんらがスタート地点の湖西地区から巡回を始め、会員、JA関係者は本隊が自分の地区に来た時、または昼食時に合流する形式をとりました。

その合流地点の一つ、浜松市都田地区にある鈴木会長の山田錦の圃場では午前10時頃から会員やJA職員、そして、花の舞酒造の営業、望月さん、永田さんがお客さんとともに本隊を待ちうけていました。待つこと30分。湖西方面の巡回を終えた本隊が車列を組んで到着し、さっそく計測が行われました。

分けつは順調、多めにしたい

7月の巡回で行うのは1株の茎の数の確認。田植え時の苗が何本に分けつして(増えて)いるかを数えます。そして、草丈と稲の葉の色の測定をします。その前提となる情報として、田植え日、植えつけ深さ、1株植え本数をまず確認しておきます。そして、巡回、計測して分けつの状況はいいのか悪いのか、追加の肥料を入れる必要があるのかないのか、田んぼの水を抜く中干しはいつから始めるのか等の判断を下すのです。

今年の分けつについて鈴木会長は「状態はいいです。気温も上がっているし、会員の管理もいいですね。最終的には収量のことを考えて20本から22本くらいにしたい」と言います。

中干し(田んぼの水を抜いて干し、分けつを止めること)を2、3日延ばして、分けつを25本くらいにまで増やす。無効分けつ(分けつしても中干しで生育せずに枯れてしまうこと)が5本くらい出て、最終的に20本くらいになればということで、会員には「本数を多めに」という指示をしたそうです。

葉色はややうすめ

葉の色については上から2枚目、開いている葉の色を葉色板を使って確認します。葉色板は黄緑色から深い緑色まで、7段階に分けて色が付けられている板で、それを葉に近づけ、葉の緑色がどのくらいの濃さであるかを数値で表します。その他に、クロロフィルメーターという葉に含まれる葉緑素の濃度を測定する機器も使って測定します。その数値はCM値と呼ばれるものです。

鈴木会長は、「今年は全体的に色はうすいです。まだ肥料を吸い上げていないようで、好天が続いたのでこれから濃くなって、それから色が抜けていくのではないでしょうか。中干しのとき、色がピークになるかな」と言います。

これからは水管理が重要

今年は梅雨のさなかの6月下旬から高温が続いています。稲の生育のためにこれからどんなことに気をくばればいいのか聞いてみると、「水を浅くした方がいいです。水をためておくと水温が上がりますからね。きょうの巡回で計ったら33℃くらいありました。そういうときは水を抜いて熱を発散させた方がいい。中干し前に間断灌水(水を入れたり抜いたりする)をやった方がいい田んぼがいくつかありました」。

肥料についても聞いてみました。最近は会員の中でも春に1回だけ肥料を入れる、いわゆる一発施肥をする人が増えています。鈴木会長も今年はそうしたそうです。「好天で高温が続けば吸い上げが早くなるので肥料が早く効く可能性が高く、肥料不足が出てくるかもしれない。追加の肥料を入れるかどうかは、次の8月上旬の巡回で稲の様子を見て会員に指示しようと思います」と言います。

仲間同士でしばし歓談も

昼食時には磐田地区の会員、JA関係者、そして、花の舞の土田杜氏も合流して人数が増えました。午後の部最初の巡回は研究会相談役の乗松精二さんの圃場。一行が到着しても乗松さんの姿はなく、どうしたのかと心配していると、砂煙をあげながらトラックでかけつけました。聞けば、昼まで田植えをしていたとのこと。ちょうどこの日ですべての田植えが終了したそうで、顔はすっかり日焼けしていました。乗松相談役と顔を合わせるのは3月に行われた研究会の総会以来という会員も多く、しばし、なごやかに歓談しました。この後一行は、磐田、森町、袋井地区を夕方まで精力的に巡回しました。鈴木会長は「分けつの状況をよく見て、中干しに入ってほしい。今のところ生育は順調です」と総括しました。

一覧を見る