English

ホーム > 酒蔵花の舞のこだわり|静岡産 米・水・杜氏

静岡産 米・水・杜氏

酒米の最高峰、地元産の山田錦をつかう

酒米の最高峰、地元産の山田錦をつかう

花の舞では以前より地元農家と契約を結び、上質の酒造好適米を確保してきました。ここ静岡県西部地域の気候風土が山田錦の栽培適地であることが確認され、数年前より酒造好適米の最高峰である山田錦の栽培が本格的に始まり、今では、本場兵庫産にも劣らない上質の山田錦が収穫されています。花の舞ではそれらの供給を受け、名実ともにこだわりの「地酒」を誕生させています。

こんこんと湧き出る天然の地下水をつかう

こんこんと湧き出る天然の地下水をつかう

水は酒の成分でもあるとともに、酒母づくりや、もろみの糖化、発酵にも使われます。また、洗米、割水、瓶詰などのさまざまな工程においても多量の水を必要としており、酒造りに最適な軟水が求められます。幸い、花の舞の背後には南アルプス赤石系の山々が天然のダムとして存在しているため、こんこんと湧き出る清冽な地下水を存分に使用して酒造りを行っています。

若き杜氏が花の舞ならではの酒を造り出す

若き杜氏が花の舞ならではの酒を造り出す

杜氏は酒造りの全てを知り尽くしている酒蔵の責任者、そして、蔵人を率いるリーダーでもあります。全国の多くの酒蔵では、その杜氏を伝統的に外部の人に委ねてきました。しかし、花の舞ではかねてより地元杜氏にこだわり、社内で若き技能集団を育てきました。その中から杜氏、土田一仁が誕生したのです。以後、杜氏と蔵人による技能の研鑽とチームワークによって花の舞ならではの酒を造り出し、多くの方に高い評価をいただいています。